会社の状況に合わせて顧問弁護士を雇う

このように、顧問弁護士を雇う際には、メリット、デメリットがありますので、顧問弁護士は絶対に雇えば良いというわけではありません。自分の企業に顧問弁護士は必要かどうか、顧問弁護士がいることで、どのようなリスクが起きる可能性があるかなども考えて、顧問弁護士を採用する必要があると言えるでしょう。

顧問弁護士を採用する際には、まずは顧問弁護士の人柄などをチェックすることが大切です。弁護士という肩書を持っていても、人によってやりにくい人、やりやすい人というものは絶対にいますので、事前に面談をしたり、既に人柄をよく知っているような人を雇うことが大切だと言えるでしょう。

次に、顧問弁護士を採用するほどの金銭的余裕があるのか、顧問弁護士を採用するほどの仕事量があるのかどうかなどを判断する必要があります。企業によってはそこまで企業法務があるというわけではない場所も当然ありますので、企業法務が少ないという企業や、ほとんどワンマンでやられているという企業の場合は、正直顧問弁護士が必要かどうかが微妙だと言えるでしょう。

このように、顧問弁護士を採用する前には、会社全体の経営状況なども考えて、顧問弁護士を採用することが大切です。