会社の状況に合わせて顧問弁護士を雇う

このように、顧問弁護士を雇う際には、メリット、デメリットがありますので、顧問弁護士は絶対に雇えば良いというわけではありません。自分の企業に顧問弁護士は必要かどうか、顧問弁護士がいることで、どのようなリスクが起きる可能性があるかなども考えて、顧問弁護士を採用する必要があると言えるでしょう。

顧問弁護士を採用する際には、まずは顧問弁護士の人柄などをチェックすることが大切です。弁護士という肩書を持っていても、人によってやりにくい人、やりやすい人というものは絶対にいますので、事前に面談をしたり、既に人柄をよく知っているような人を雇うことが大切だと言えるでしょう。

次に、顧問弁護士を採用するほどの金銭的余裕があるのか、顧問弁護士を採用するほどの仕事量があるのかどうかなどを判断する必要があります。企業によってはそこまで企業法務があるというわけではない場所も当然ありますので、企業法務が少ないという企業や、ほとんどワンマンでやられているという企業の場合は、正直顧問弁護士が必要かどうかが微妙だと言えるでしょう。

このように、顧問弁護士を採用する前には、会社全体の経営状況なども考えて、顧問弁護士を採用することが大切です。

顧問弁護士を採用するデメリットは?

顧問弁護士はこのように、会社経営をする際には必要不可欠な存在であると考える企業主が多いようですが、反対に、デメリットがあるということもよく頭に入れておかなければいけません。具体的には、このようなデメリットがあると言えるでしょう。

まず初めに、契約料金は決して安くないということです。当然ですが、顧問契約を結んだ場合、他のライバル企業とは契約を結ぶことが出来なくなりますので、それ相応の契約料金を支払う必要があると言えるでしょう。もちろんこちらは企業によっても、弁護士さんのスキルなどによっても異なりますが、納得が出来る金額でないと、顧問弁護士になるという弁護士さんはあまりいないと言えます。

次に、顧問弁護士によっては、経営の邪魔になる可能性があるということです。優秀な顧問弁護士の場合は、引き際や、でしゃばる部分などをよくわかっているのですが、場合によっては、必要以上に口を出してくるような顧問弁護士もいますので、人選を誤ると危険と言えるでしょう。

このように、企業の経営状態によっては、反対に顧問弁護士が邪魔になってしまう可能性がありますので、何でもかんでも雇うというわけではなく、よく考えて採用をする必要があると言えるでしょう。

会社経営で顧問弁護士を採用するメリットは?

会社経営をしていく際に顧問弁護士を採用するという決断をされる方は少なくありません。顧問弁護士を採用しない場合は、その都度懇意にしている弁護士さんに依頼をするというスタンスを取られている企業主さんもいるようですが、金銭的余裕などが出来てきたら、顧問弁護士を雇いたいと考えている企業主さんは多いようです。顧問弁護士はなぜそこまで企業主に人気があるのか?その理由はこのようなメリットが挙げられると言えるでしょう。

まず、顧問弁護士は非常に頼りになる存在だからです。万が一裁判沙汰などになった際に守ってくれるという安心感はもちろんですが、通常業務の際でも、何か不審なことがあった場合や、不穏な動きがあった場合など、率先して伝えてくれるという点が、非常に頼りになるということで、人気を集めているようです。

次に、顧問弁護士を雇うことで、こちらが言わずとも、企業法務を自動で行ってくれる、こちらが一から説明しなくても、契約書類が必要な場合は作成してくれるなど、仕事がスムーズに運ぶ存在であると言えるからでしょう。弁護士に依頼をするスタンスの場合、こちらが必要な書類などは何かを判断しなければいけませんが、顧問弁護士がいる場合は、その点を自動で判断して作成、申請してくれますので、他業務に影響が出ず、スムーズに仕事を行うことが出来ると言えます。このように、顧問弁護士を採用するメリットは数多くある点が、人気の理由だと言えるでしょう。

参考リンク:アディーレ プラス | 顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所