顧問弁護士を採用するデメリットは?

顧問弁護士はこのように、会社経営をする際には必要不可欠な存在であると考える企業主が多いようですが、反対に、デメリットがあるということもよく頭に入れておかなければいけません。具体的には、このようなデメリットがあると言えるでしょう。

まず初めに、契約料金は決して安くないということです。当然ですが、顧問契約を結んだ場合、他のライバル企業とは契約を結ぶことが出来なくなりますので、それ相応の契約料金を支払う必要があると言えるでしょう。もちろんこちらは企業によっても、弁護士さんのスキルなどによっても異なりますが、納得が出来る金額でないと、顧問弁護士になるという弁護士さんはあまりいないと言えます。

次に、顧問弁護士によっては、経営の邪魔になる可能性があるということです。優秀な顧問弁護士の場合は、引き際や、でしゃばる部分などをよくわかっているのですが、場合によっては、必要以上に口を出してくるような顧問弁護士もいますので、人選を誤ると危険と言えるでしょう。

このように、企業の経営状態によっては、反対に顧問弁護士が邪魔になってしまう可能性がありますので、何でもかんでも雇うというわけではなく、よく考えて採用をする必要があると言えるでしょう。